予防歯科

予防歯科で避けられる大きなトラブル

歯科医院に足を運ぶ理由のほとんどが、「歯が痛くなったから」ではないでしょうか?虫歯や歯周病になった歯は治療すれば機能を回復しますが、削った歯は元には戻りませんし、一度治療した歯は長持ちしません。

つまり、治療のために歯科医院に通うのではなく、歯の病気にならないよう予防のために歯科医院に通うのが一番なのです。予防することで病気にならないのはもちろん、もし病気になった場合でも早期発見・早期治療につながり、歯のダメージを最小限に抑えられます。また、治療にかかる費用や時間などの負担も回避できるのです。一生自分の歯で咬むためにも、予防歯科を積極的に受診しましょう。

歯科衛生士による予防中心の診療

歯科衛生士による予防中心の診療

当院は、予防を目的とした定期検診に力を入れております。最近の歯科医院では、発症してはじめて歯科医院に通う従来のスタイルとは異なり、予防処置を受けるために歯科医院に通うスタイルが定着しはじめています。治療すれば歯は機能を回復しますが、元の姿には戻らないもの。そのため当院でも、予防中心の診療を大切に考えているのです。

神之木歯科医院の予防処置

定期検診

定期検診

虫歯や歯周病の治療後の口腔内は、もっとも細菌の少ない理想的な環境。ですが、どんなにきちんとブラッシングをしていても、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間などのプラークを完全に取りきることはできず、虫歯や歯周病を再発する可能性が出てきてしまいます。

定期検診では、担当の歯科衛生士が定期的に口腔内を調べ、クリーニングによりセルフケアで取りきれなかったプラークをすべて除去します。これにより細菌の少ない理想的な口腔内環境が戻り、再発を回避できます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

きちんとブラッシングしているはずなのに虫歯になってしまった……という方も多いのではないでしょうか? 毎日一生懸命ブラッシングしていても、自己流のブラッシング方法は必ずしもご自身の口腔内に合った方法とはいえず、ブラッシング効果は半減してしまいます。

当院では、担当の歯科衛生士が患者様の口腔内を調べたうえで適切なブラッシング方法を指導します。効果的な歯ブラシの当て方やよく磨けていなかった部分などをきちんと知り、予防に役立てましょう。

歯科医院のクリーニング

歯科医院のクリーニング

歯科衛生士が専門器具を使って行う歯のクリーニングです。歯ブラシの届きにくい歯と歯の間や歯と歯ぐきの間など、セルフケアでは除去しきれないプラークをすべて取り除きます。一度クリーニングを行っても、数ヶ月後にはまた口腔内のプラークは増えてしまうもの。定期的にクリーニングを受け、常にキレイな口腔内環境を保ちましょう。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促進し、歯質を強化する作用があります。歯質が強化されることによって、虫歯菌の出す酸に強くなり、効果的な虫歯予防が可能になるのです。なお、普段の歯磨き粉には、フッ素入りのものを意識して選ぶといいでしょう。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

食生活や睡眠など、基本的な生活習慣が乱れると、全身の健康だけでなく口腔内の健康にも影響が及びます。当院では患者様に、食事や運動、睡眠などの生活習慣の指導を行い、規則正しい生活への改善を促しています(例:ガムを選ぶ際は、虫歯菌の働きを抑制するキシリトール入りのガムを選びましょう、など)。

きちんと検査を採り入れた予防歯科

きちんと検査を採り入れた予防歯科

私が考える予防歯科とは、万人に共通の予防処置を行うことではありません。担当の歯科衛生士が口腔内環境をきちんと把握したうえで、患者様一人ひとりに合った適切な処置を行うことだと思っています。

そのため当院では事前検査を重視しています。まずはプラークの付着をチェックする「染め出し」を行い、続いてだ液検査、咬み合わせのチェックなど、各種検査を行い適切な予防プランをご提案します。

とはいえ、予防の基本は日々のブラッシング。患者様の協力もなければ、効果的な予防は成り立ちません。効率よく予防をすすめていくために、患者様にご自身の口腔内環境をきちんと知っていただくことも大切にしています。