小児歯科

お子様のための歯科診療

お子様のための歯科診療

小児歯科とは、乳歯が生え揃う12歳くらいまでのお子様を対象とした歯科診療科目。お子様の口腔内は大人とは性質が違うため、小児歯科での専門的な診療が必要なのです。

乳歯が健康であれば、生え替わる永久歯も健康に生えてくるものです。当院の小児歯科では、健康な永久歯を目指した予防中心の診療を行っています。お子様のころから虫歯ゼロを目指し、健康な歯を一緒に育てていきましょう。

キッズスペース完備

キッズスペース完備

当院の待合室にはキッズスペースを併設していますので、待ち時間も楽しく過ごせます。

小児歯科診療成功の秘訣

歯医者さんというと、お子様は不安になるものです。なかには、歯医者に行くのを嫌がる子も。お子様にイヤな思いをさせずに小児歯科をスムーズに受診させるには、親御さんの協力が必要です。当院では嫌がるお子様を無理に抑えつけて診療することは致しません。

  • 普段から「歯医者さんは怖いところ」というイメージを植え付けないようにしましょう。「歯医者さんはお口を健康にしてくれるところ」と話してあげてください。
  • 痛みの少ない治療をするためにも麻酔が必要な場合があります。注射器を使用することはあまりいわないようにしましょう。
  • ご自身が歯科医院で受けた過去の苦痛などは、お子様には話さないようにしてください。
  • 治療後はしっかり褒めてあげましょう。また、治療の励みになるよう当院からもご褒美のシールをプレゼントしています。

神之木歯科医院の小児歯科治療

ブラッシング指導

ブラッシング指導

予防の基本はご家庭でのブラッシングです。ただ、方法を間違えていると磨き残しが蓄積し、ブラッシングをしているのにもかかわらず虫歯になってしまうことがあります。当院では担当歯科衛生士がお子様の口腔内をしっかり把握し、歯の形状や生え方に合わせた正しいブラッシング方法を指導します。

それでもまだ小さなお子様にとって完璧なブラッシングは不可能です。親御さんがきちんと仕上げ磨きをしてあげましょう。

シーラント

シーラント

乳歯の奥歯や6歳臼歯には深くて複雑な溝があり、食べかすが詰まりやすく虫歯になりやすくなっています。シーラントとは、奥歯の溝をプラスチック樹脂で埋めて歯面を滑らかにし、食べかすが詰まるのを防ぐことで虫歯を予防する処置。生えたての歯を効果的に虫歯から守ります。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する働きや、歯の再石灰化を促す働きがあります。生えたての歯のエナメル質はまだやわらかく未完成なので、フッ素塗布は虫歯予防に効果的。定期的に行うことで、虫歯に強い歯を保てます。

小児矯正で健全な歯ならびを

小児矯正で健全な歯ならびを

お子様の口腔内環境は、成長にともない日々変化しています。なかには、歯ならびが少しずつ乱れることもあります。乱れた歯ならびは清掃性が悪くなるため虫歯につながりやすく、無意識に不自然な咬み方をしてしまうため余計な筋肉を使って全身に何らかの悪影響を与えることがあります。

歯ならびの乱れは、早めに改善しましょう。子供のうちから矯正治療をはじめることで、発育を利用して顎の拡大を図ることができるため、将来的に抜歯をせずに永久歯がキレイにならぶスペースを確保できる可能性が高くなります。

ただ、適切な治療時期には個人差がありますので、まずは歯科医院に相談しましょう。当院では月に2回、女性の矯正専門医を招いて小児矯正を行っていますので、まずはお問い合わせください。

ブラケットによる矯正

歯の表面にブラケットと呼ばれる金属製の装置にワイヤーを通す方法です。ブラケットによる矯正にはさまざまな種類があります。

メタルブラケット

メタルブラケット

従来の金属ブラケットを用いた一般的な矯正方法です。矯正力が高く、ほとんどの症例に適用できます。審美性は劣りますが、費用が安く済みます。

目立たない(セラミック・クリア)ブラケット

目立たない
(セラミック・クリア)ブラケット

セラミックや樹脂を使った装置で、歯の色と同化するため目立ちにくくなっています。メタルブラケットとほとんど性能は変わりません。

床矯正

乳歯の時期や歯の生え替わり時期にこの装置を用いて、顎を広げることによって歯が並ぶスペースを作っていきます。