コンセプト・院長紹介

診療コンセプト

患者様とのコミュニケーション

患者様の現在の病状を正確に伝え、どんな治療をしていくのかまず説明します。もし治療方法が複数あるのであれば、それぞれの治療法についての利点・欠点を説明し、患者様がご理解した上で、患者様自身に治療法を決めていただいております。ただ治療中に、やっぱり歯を抜きたくないとか、抜歯予定の歯が治療していくうちに歯を残せるぐらいまでに改善したり、また治療してみたら抜いたほうが、抜かないで治療した場合よりも将来再治療になるリスクが小さい・・・など、いろいろ状況が変化します。そういった場合も臨機応変に対応し、患者様がご納得してから治療を行います。

基本治療を丁寧に

基本治療を丁寧に

当院の診療は、まずは保険診療でなるべくご満足いただける治療を提供しようと考えております。虫歯、歯周病、根の治療、抜歯、入れ歯、などは保険の治療でまかなうことが出来ます。しかしながら、治療方法、使用する材質、薬などには保険内では制約があります。
その場合には、期間や、費用を含めて十分な説明をさせていただき、書面にて同意をいただいたうえで診療を行いますので安心してご相談ください。

虫歯や歯周病の予防が大切

虫歯や歯周病の予防が大切

歯科医院に足を運ぶ理由のほとんどが、歯が痛くなったからではないでしょうか。虫歯や歯周病といった病気は主に細菌が原因です。細菌のコントロールが出来ていればこのような病気はほとんど防げます。もし、病気になった場合でも早期発見、早期治療につながり歯のダメージを最小限に抑えられます。また、治療にかかる費用や時間などの負担も回避でき、自分の歯を守ることが出来ます。

院長:瀧澤卓也(たきざわたくや)

略歴

鶴見大学補綴科 入局
市内総合病院口腔外科 研修
市内歯科医院 勤務
2004年 神之木歯科医院 開業

所属団体

日本歯科補綴学会

資格

ケアマネージャー